自営業者や経営者から人気の事業資金!選び方や利用方法のまとめ


事業資金にはいろいろな種類がある

自営業者や会社経営者がしばしば利用している事業資金は、金融機関などが用意しているお金の貸付サービスのことです。金融機関では、いろいろなローンを用意していることが多いですよね。こういったローンは、それぞれ目的や利用できる人が限定されているのが一般的です。事業資金の場合も、創業時の資金繰りを支援するサービスや、売上が減少した際に利用できるサービスなどがあります。事業資金を選ぶときには、対象になっている人や利用条件を比較することが大切です。

事業資金を利用する際の条件や利用方法

事業資金は、サービスによって利用限度額や融資の期間、利息といった貸付の条件が変わります。利用限度額が多いローンの場合、7,000万円以上の借り入れができるケースもあるので、事業をするうえでも相応のメリットがあるかもしれません。ある金融機関の事業資金は、設備投資などに使える設備資金と運転資金の枠をそれぞれわけて利用限度額を設定しています。発生する利息の利率は、利用するサービスや融資期間、担保の有無などによって変わるのが一般的です。

事業資金を借り入れるときには、金融機関で申し込みの手続きをおこないます。申し込みの際に提出するのが、事業計画書や損益計算書、賃借対照表などです。一般的には、自己資本比率が高く、収支のバランスがとれているほど審査に通りやすくなります。融資の担当者との面談は、事業資金を利用する際にも重要なポイントです。担当者と信頼関係が築けるかどうかは、審査の結果にも少なからず影響します。事業資金を借りた後は、一般のローンと同じように定期的に返済をしていきます。

事業資金には、事業の立ち上げに必要な資金や、その後当該事業を運営していくための維持費用も含まれます。